2017年01月12日

FM仙台、15日朝6時半、高校生の佐竹深空さん出演。

CIMG1690.JPG
Datefm(FM仙台)「Mine&Yours〜民謡めぐり〜」
今週1曲目は佐竹(さたけ)深(み)空(く)さんの「さんさ時雨」です。
M:さんさ時雨       佐竹深空
前CM

阿部:1曲目にお送りしたのは、佐竹深空さん「さんさ時雨」
この唄は、江戸時代中期以後に流行した歌で、それがいつか仙台地方に入ったものと推測されています。例えば江戸時代文政5年(1822)刊の「浮れ草」に「下ノ関節」の名で「さんさ時雨か茅野の雨か・・・」の歌詞が収められています。

参考(伊達政宗が天正17年(1589)磐梯山麓摺上原で会津勢を破った時の戦勝の唄とも言われているが、一個人によって作られたものではないことが、「宮城県史」14文学芸能、三原良吉筆「能」、「宮城県史」10・民族1、渡辺波光筆「民謡」に詳しく記載されている)。
先日放送した、さいたら節の「斎太郎暴動説」がなかったことと同様に、
さんさ時雨の「政宗説」ではないこと、さんさ時雨のルーツをこの時間で・・・。

阿部:
今日のゲスト、高校一年生、佐竹深空さんで宮城の祝い唄より「えんころ節」です。
 
M:えんころ節
CIMG1688.JPG
お送りしたのは、今日のゲストの佐竹深空さんの唄で「えんころ節」でした。
佐竹さん、ようこそお出で下さいました。

プロフィールなど紹介
*佐竹深空さんは、代々民謡家系に生まれ、3歳の時コンクール初出場。祖母高木義子と母高木直子の指導を受け、小学校1年生で「えんころ節全国大会」少年少女の部で優勝する。その後各コンクールで優勝など実績を重ねています。現在仙台商業1年生、部活はバレーボール部、民謡とスポーツの両立に頑張っています。

コンクールの成績です。
*第8回コロムビア東北民謡コンクール・少年少女の部、米ぶしを唄って優勝。
*第28回さんさ時雨全国大会・年少の部優勝(H22)
*第1回新相馬節全国大会・ジュニアの部優勝(H24)
*NHK東北民謡コンクール宮城県大会ジュニア部門優勝、東北大会出場(H27)
*第29回お立ち酒全国大会ジュニアの部優勝(H27)
 その他のコンクールで優勝、準優勝の成績を収める。
*平成25年利府町文化芸術功績賞受賞(H25)
*宮城刑務所慰問(H22〜H24)芸能披露に対し感謝状授与。
Q:部活と民謡両立出来ていますか。
Q:高校の文化祭でも民謡唄われたそうですか、学校、同級生の反応はどうでしたか。
Q:コンクールで優勝、民謡を披露する機会も増えたのでは?
Q:代々民謡家系に生まれ、會祖母、祖母、母と民謡一家、抵抗なく民謡を受け入れられましたか。
Q:祖母は高木義子さん、三味線伴奏で活躍された方です。バーチャン子なんだそうですね。民謡教わりました?思い出などを・・。
PART2
CMの後お話を伺います。
CM:   
ゲスト:・
Q:民謡の良さは
Q:これからどんな民謡活動を考えていますか。若い人の民謡離れ・・。
Q:妹さんも民謡を歌っていますね?
Q:将来の目標は
では最後にもう1曲、「米ぶし」を・・・
ありがとうございました。
CIMG1691.JPG
M:米ぶし

FM仙台制作「Mine&Yours〜民謡めぐり〜」そろそろお開きの時間です。
今日は、仙台商業高校1年、部活はバレーボール部、民謡とスポーツの両立に頑張っている利府町の佐竹深空さんをゲストに迎えてお送りしました。
今日の番組いかがだったでしょうか?是非皆さんの感想をお寄せ下さい。いただいた方から毎月抽選で1名様に目覚ましラジオをプレゼントします。
宛先は、〒980−8420 FM仙台「民謡めぐり」です。

来週も、アシスタント阿部紗織さんともに尺八奏者の高橋竹仙さんをゲストに迎えてお送りします。
ご案内役は沖津省己とアシスタント阿部紗織でした。
それではまた来週!!CIMG1692.JPG

posted by 沖津 at 09:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。