2017年01月14日

厳しい寒さの中、各地で「どんと祭」(仙台)

仙台市の伝統行事、大崎八幡宮の「どんと祭」は、
今日行われています。
仙台市の午後5時の気温は、マイナス2.7度と厳しい寒さとなっています。
私の住む近くの神社でも午後4時から「どんと祭」が行われています。
近くの人達が、正月の飾り物を持って神社に集まってきました。
この地区のどんと祭は、今夜8時までです。CIMG1738.JPGCIMG1741.JPG(八木山地区)CIMG1737.JPGCIMG1739.JPGCIMG1736.JPG
posted by 沖津 at 17:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エフエムたいはく、明日正午から「東北・北海道民謡」放送曲名です。

エフエムたいはく、毎週正午からの「新・民謡列島めぐりinみやぎ」
明日は、宮城を除く北海道・東北の代表的な民謡を聞いて頂きます。
尚、FM仙台明日正午からは、高校生の佐竹深空さんの唄とトークです。
CIMG1374.JPG
沖津:この唄でスタートです。江村貞一さんの唄で北海盆唄です。

M@:北海盆唄   江村貞一         3分04秒
沖津:戦後全国的に流行した北海道の代表的な民謡「北海盆唄」でした。この唄の起源は、新潟県内の盆踊り歌が、明治に入って北海道に入植した人達が唄い広めたと言われています。また、常磐炭坑節を歌っていた炭鉱労働者たちが、北海道の炭鉱に渡って、唄を変えて盆踊り歌にしたという説もあります。     いずれにしても新潟、東北から移入された民謡です。
CIMG1328.JPG
ひなた: 次は、日本の代表的な民謡として知られる「江差追分」です。
沖津:信州、長野県中仙道の追分宿で唄われた「馬子唄」が越後に伝えられ,
   海の香りがしみ込んで「越後追分」が生まれ、やがて蝦夷地通いの船頭衆達によって
   江差に運ばれました。
   初代浜田喜一さんの唄で「前唄」「本唄」「後唄」と聞いて下さい。

MA:江差追分  初代浜田喜一    7分01秒

ひなた:・・・。次は「津軽じょんから節」新節を、橋本弥生さんの唄です。
沖津:この新節の曲調は、昭和の初めから現在までを、旧節は
   幕末から明治20年頃まで、中節はその後大正、昭和の初めころまでを中節と言っています。

MB:津軽じょんから節(新節) 橋本弥生  3分53秒
   
ひなた:・・・。津軽アイヤ節 三浦隆子
沖津:九州のハイヤ節が日本海を北上して津軽に入り、津軽三味線の影響を受けて「津軽アイヤ節」に変化したと言われています。

MC:津軽アイヤ節 三浦隆子   3分58秒

ひなた:南部牛追唄 畠山孝一
沖津:牛や馬が輸送手段だった頃、岩手県内陸から米、海岸から塩や海産物を運ぶ牛を追って行く
牛方たちが唄った道中唄。

MD:南部牛追唄 畠山孝一     3分16秒
ひなた:・・・。

中CM@KM仙台タクシー、田倉電気工業所
・白謙(今夜のおかず編)、・ジャパンビル、・沼倉オート

ひなた:民謡歌手が歌う演歌、今週は青森県出身の佐々木新一さんです。
沖津:母:津軽民謡の二代目 津軽家すわ子、父:津軽三味線奏者の 佐々木繁月で、かつて民謡旅芸人の「津軽家すわ子」一座で、北海道、東北地方で旅公演を続けていました。佐々木新一さんは、そのような環境で育ち、初舞台は昭和24年、3歳の時でした。その後、昭和38年、高校2年生の時に上京、昭和41年、1月リリースの『あの娘たずねて』が大ヒット、ミリオンセラーとなります。現在演歌歌手として活躍しています。一昨年発売の祖谷のかずら橋
 
ME:祖谷のかずら橋   佐々木新一  4分36秒

中CMA・ジャパンビル、・沼倉オート、・白謙(パンダ編)、
ひなた:エフエムたいはく制作「新・民謡列島めぐりinみやぎ」、
再び民謡です。秋田の民謡から「秋田舟方節」を須藤理香子さん、「秋田おばこ」を佐藤サワエさんです。2曲続けてお送りします。

MF:秋田舟方節  須藤理香子      3分05秒
MG:秋田おばこ  佐藤サワエ      3分27秒

ひなた:・・。最上川舟唄  今泉ただあつさんです。
沖津:・・・・。昭和11年、地元の民謡家が舟唄と船頭達の掛声その他をアレンジして
作ったと言われています。

MH:最上川舟唄  今泉ただあつ      3分59秒

ひなた:・・。花笠音頭 、金沢明子さんです。
沖津:花笠音頭の発祥地は,尾花沢と寒河江の二つの説がありますが、花笠パレードの歴史は、
昭和30年尾花沢から始まっています。花笠音頭 

MI:花笠音頭   金沢明子        2分56秒

ひなた:・・。会津磐梯山  小杉真貴子さんです。
沖津:明治の初め越後の(新潟)五ヶ浜(ごかはま)の「五ヶ浜甚句」が会津若松市に入り唄い踊られ、
その後「かんしょ踊り」として唄い踊られました。昭和10年小唄勝太郎が「かんしょ踊り」に「玄如節」の歌詞であった「イヤー会津磐梯山は宝の山よ笹に黄金が エーマタなり下がる スッチョイスっチョイスッチョイナ」を転用して「会津磐梯山」としてレコードを出し、以来全国的に唄われるようになった。

MJ:会津磐梯山  小杉真貴子   3分14秒

沖津:今週は、宮城を除く東北、北海道の代表的な民謡をお送りしました。

ひなた:この番組への感想などをお聞かせ下さい。・・・・。
この番組は、石巻白謙かまぼこ店、ジャパンビルシステム、
沼倉オート、仙台カントリークラブ、ミツワフーズ
仙台タクシーグループ・KM仙台タクシー、田倉(たのくら)電気工業所(しょ)の提供でお送りしました。
後CM
仙台カントリークラブ、白謙(見とれて編)、・ジャパンビル、・沼倉、
ミツワフーズ
M:みちのく音頭(4分42秒)   瑞穂あけみ

*エフエムたいはく:1月15日(日)正午・放送、(サイマルラジオ)
1月19日(木)9時再放送
*BeFM(八戸):1月16日(月)19時、[サイマルラジオ]
*カシオペアFM(二戸):1月20日(金)19時放送、[サイマルラジオ]
1月21日午後7時再放送



posted by 沖津 at 10:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

FM仙台、15日朝6時半、高校生の佐竹深空さん出演。

CIMG1690.JPG
Datefm(FM仙台)「Mine&Yours〜民謡めぐり〜」
今週1曲目は佐竹(さたけ)深(み)空(く)さんの「さんさ時雨」です。
M:さんさ時雨       佐竹深空
前CM

阿部:1曲目にお送りしたのは、佐竹深空さん「さんさ時雨」
この唄は、江戸時代中期以後に流行した歌で、それがいつか仙台地方に入ったものと推測されています。例えば江戸時代文政5年(1822)刊の「浮れ草」に「下ノ関節」の名で「さんさ時雨か茅野の雨か・・・」の歌詞が収められています。

参考(伊達政宗が天正17年(1589)磐梯山麓摺上原で会津勢を破った時の戦勝の唄とも言われているが、一個人によって作られたものではないことが、「宮城県史」14文学芸能、三原良吉筆「能」、「宮城県史」10・民族1、渡辺波光筆「民謡」に詳しく記載されている)。
先日放送した、さいたら節の「斎太郎暴動説」がなかったことと同様に、
さんさ時雨の「政宗説」ではないこと、さんさ時雨のルーツをこの時間で・・・。

阿部:
今日のゲスト、高校一年生、佐竹深空さんで宮城の祝い唄より「えんころ節」です。
 
M:えんころ節
CIMG1688.JPG
お送りしたのは、今日のゲストの佐竹深空さんの唄で「えんころ節」でした。
佐竹さん、ようこそお出で下さいました。

プロフィールなど紹介
*佐竹深空さんは、代々民謡家系に生まれ、3歳の時コンクール初出場。祖母高木義子と母高木直子の指導を受け、小学校1年生で「えんころ節全国大会」少年少女の部で優勝する。その後各コンクールで優勝など実績を重ねています。現在仙台商業1年生、部活はバレーボール部、民謡とスポーツの両立に頑張っています。

コンクールの成績です。
*第8回コロムビア東北民謡コンクール・少年少女の部、米ぶしを唄って優勝。
*第28回さんさ時雨全国大会・年少の部優勝(H22)
*第1回新相馬節全国大会・ジュニアの部優勝(H24)
*NHK東北民謡コンクール宮城県大会ジュニア部門優勝、東北大会出場(H27)
*第29回お立ち酒全国大会ジュニアの部優勝(H27)
 その他のコンクールで優勝、準優勝の成績を収める。
*平成25年利府町文化芸術功績賞受賞(H25)
*宮城刑務所慰問(H22〜H24)芸能披露に対し感謝状授与。
Q:部活と民謡両立出来ていますか。
Q:高校の文化祭でも民謡唄われたそうですか、学校、同級生の反応はどうでしたか。
Q:コンクールで優勝、民謡を披露する機会も増えたのでは?
Q:代々民謡家系に生まれ、會祖母、祖母、母と民謡一家、抵抗なく民謡を受け入れられましたか。
Q:祖母は高木義子さん、三味線伴奏で活躍された方です。バーチャン子なんだそうですね。民謡教わりました?思い出などを・・。
PART2
CMの後お話を伺います。
CM:   
ゲスト:・
Q:民謡の良さは
Q:これからどんな民謡活動を考えていますか。若い人の民謡離れ・・。
Q:妹さんも民謡を歌っていますね?
Q:将来の目標は
では最後にもう1曲、「米ぶし」を・・・
ありがとうございました。
CIMG1691.JPG
M:米ぶし

FM仙台制作「Mine&Yours〜民謡めぐり〜」そろそろお開きの時間です。
今日は、仙台商業高校1年、部活はバレーボール部、民謡とスポーツの両立に頑張っている利府町の佐竹深空さんをゲストに迎えてお送りしました。
今日の番組いかがだったでしょうか?是非皆さんの感想をお寄せ下さい。いただいた方から毎月抽選で1名様に目覚ましラジオをプレゼントします。
宛先は、〒980−8420 FM仙台「民謡めぐり」です。

来週も、アシスタント阿部紗織さんともに尺八奏者の高橋竹仙さんをゲストに迎えてお送りします。
ご案内役は沖津省己とアシスタント阿部紗織でした。
それではまた来週!!CIMG1692.JPG

posted by 沖津 at 09:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする